2019/08/01

高校野球の高校を訪ねる―②池田

雪深き北国、秋田・金石農を後にして、
センバツの頃、桜花爛漫の真春に訪ねた
徳島・池田高校でのひとコマである。

九州からフェリーで渡った四国の桜路。
土讃線・阿波池田駅の接続を利用した小1時間、
改札から小走りで一直線、目指したのは
小高い丘に佇む、誰もが知る名門・池田高校。

20余年ぶりの池田高校への表敬?訪問だが、
ラッキーにも、練習を終えた野球部員の下校に
居合わせ、桜下スナップを撮らせていただく。

破顔一笑。野球男子に♪スプリング ハニカム!
ふた言、み言、声をかけ、県大会での勇躍と
甲子園へのエール!を贈れて球児を見送れた幸。

★「さわやかイレブン」「やまびこ打線」の
代名詞で一世を風靡、日本中の高校野球フアンの
夢とロマンを背負った奔放で豪快な池田野球は、
高校野球の鮮やかな原点でありカリスマだった。

もはや、あれから幾星霜。昭和が深く刻まれて
行った1970~80年代の高校野球と甲子園は、
蔦監督の池田とともに脳裏から消え失せない。

学舎を背に桜の小径を下りながら、遙かムカシ、
部活を野球部からテニス部へと鞍替えした、
軟弱な輩の青い春が、“後悔先に立たず…”では
あるまいが、走馬燈のように体内を駆け巡る。

*掲出の写真は、そっと、ファンレターに
挟んで、野球部へ送ったのは言うまでもない。

((補・池田、今年の県大会は準決勝で第1シードの
富岡西に7回コールドで敗退。(池田0–8富岡西)

蔦監督@池田初優勝 甲子園(1982.8.20)
Photo by Pete Kobayashi (禁・転載)







・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
★↓画像2点 は「甲子園グラフィティー」by ピート小林
@『輝け甲子園の星』(日刊スポーツ出版社)’98年夏季号
☞池田高校の甲子園を私蔵写真と一文でスクラップ風に
綴ったもので、甲子園の想い出のよすがとなれば幸いです



_________________________________
フェイスブックでも投稿しています
https://www.facebook.com/petekobayashi

2019/07/25

高校野球の高校を訪ねる―①金石農

地区予選もたけなわ、列島の北から南から、
今年もまた淡々と甲子園出場校が決まっていく。

地区大会巡りを、今年は遠慮している輩だが、
センバツや夏の大会の前後に、気になる学舎を
ひょっこり訪ねてしまう性癖が私にはある。

この20年を振り返ると、優勝校の桐生一(群馬)、
常総学院(茨城)を1999年と2003年に訪ね、
2010年代では、東日本大震災の被災地にある
東陵、松島、釜石、気仙沼向洋、そして、
熊本地震の膝元・熊本商、阿蘇中央高である。

中には取材・撮影といったケースもあるが、
さしたる事由もなく、流浪の道中にひょっこり、
さながら赤提灯に誘われて暖簾ならぬ校門を
くぐるといった案配である。……と白状すれば、
関係者からお叱りを受けそうだが、なあに、
彼らとて呑み屋は放課後の第2グラウンドである。

2019年は、厳寒の1月に、雪の金石農(秋田)を、
そして真春の4月に、桜の池田(徳島)を訪ねた。

今回は、すってんころりん、凍える手先で撮った
金石農の野球部グラウンド回りと町景色を
昨夏の金農旋風・中継画面と併せ控え目に上げよう。

ラスト画像、紙芝居風の16コマは永久保存板!
昨夏のシーンを思い起こしてくだされば幸いです。

((補・金農、今年の県大会は延長13回タイブレーク
の末、準々決勝を前に3回戦敗退。(金農5–8角館))






_________________________________
フェイスブックでも投稿しています
https://www.facebook.com/petekobayashi

2019/07/22

宝刀「蛍丸」写が特別展示中@太宰府天満宮宝物殿

九州国立博物館に隣接の「太宰府天満宮宝物殿」にて
宝刀「蛍丸」復元刀の真打・影打が特別展示されている。

また会場では、阿蘇神社復旧工事の経過の映像上映、
ニトロプラスによる支援活動も併せて行われています。
太宰府天満宮にご参拝の方はぜひご観覧ください。

((特別展示))
■「阿蘇神社復興支援-よみがえった宝刀蛍丸」 
会期:7月11日(木)~9月1日(日)

熊本地震で被災した阿蘇神社の復興を支援する取り組み
として、阿蘇家に代々伝わり、肥後国一宮 阿蘇神社の
宝刀として秘蔵されながら、戦後に所在不明となった
宝刀「蛍丸」復元刀の真打と影打を期間限定で同時公開。

・真打(阿蘇神社所蔵):7月28日(日)まで公開
・影打(ニトロプラス所蔵):9月1日(日)まで公開







__________________________________
「阿蘇神社」公式HP
http://asojinja.or.jp/

阿蘇神社公式YouTubeチャンネル

「阿蘇神社公式Facebook

*阿蘇神社は母方(阿蘇)の生家です。
_________________________________
フェイスブックでも投稿しています
https://www.facebook.com/petekobayashi

2019/07/15

「ごごナマ」NHK 7/18(木)14時台「にっぽんコレに夢中」  案山子たちのプチ出演お知らせ☞(東・阪・名 以外のエリア)

テレビは“見るもの”で“出るものでない”のですが、
東・阪・名を除く全国エリア案山子たちが出演します。


■7/18(木) NHK「ごごナマ」(13:05~14:55)第2部
 14時台前半「にっぽんコレに夢中*」(13~4分)
 (関東/近畿/東海は「政見放送」のため放送されません)
 出演:ゲスト・なぎら健壱さん、湯山玲子さん、MC…
   ◎お目汚しいただければ案山子たちもさぞ歓ぶでしょう。

★↓掲出の写真はイメージ画像です。
出演を約束するものではありませんが、
北海道から九州までの案山子たちが
シーズンを前にご挨拶させていただきます。











★放送外のエリア:いずれも「政見放送」となります。
*関東1都6県:東京都 神奈川県 埼玉県 千葉県 群馬県 栃木県 茨城県
*近畿2府4県:大阪府 京都府 兵庫県 奈良県 和歌山県 滋賀県
*東海3県:愛知県 三重県 岐阜県
_________________________________
フエイスブックでも投稿しています。
www.facebook.com/petekobayashi

2019/07/12

「Ame語@自由が丘」レッスン快走中!

“オリンピックまでに英語を話そう”を合言葉に
「Ame語@自由が丘」がスタートして9ヶ月。

知ってるつもりでも、ま〜るで知らなかった
フレーズや言い回しがスト〜ンと腑に落ちる!
今日からワタシの即戦力!になるものばかり!
そんな参加者からの評判が評判を呼び込んで、
毎回、クラスがたのしく盛りあがっています。

さ、思い立ったら、今こそ。次回14日(日)の
トピックを↓さあ、早速、Check it out!

「Ame語@自由が丘」ご案内&レッスン予告
https://amegojiyugaoka.exblog.jp/i3/


フライヤーがレニューアルされました。





「一年は一瞬、英語は一生!」
企業・グループ・個人etc「英会話レッスン」承り中!
☞ petekobayashi@gmail.com
_________________________________
フェイスブックでも投稿しています
https://www.facebook.com/petekobayashi

2019/07/09

「阿蘇神社・復興支援特別展」@熊本PARCO〜9/22

「熊本PARCO」による熊本地震復興支援プロジェクト
第一弾として、「阿蘇神社・復興支援特別展」が
現在、開催されています。「楼門」模型の展示をはじめ、
復興状況の映像やパネルによる展示がされています。

お近くの方、この夏、九州への旅行をされる方は
お立ち寄りいただければ、うれしく思っております。

・6月28日(金)~9月22日(日) 10:00〜20:00
・「熊本パルコ」9階特設会場/入場無料
 Tel:096-327-4008
https://kumamoto.parco.jp/pnews/detail/?id=3756



http://bridgekumamoto.com
____________________________________________
「阿蘇神社」公式HP
http://asojinja.or.jp/

阿蘇神社公式YouTubeチャンネル

「阿蘇神社公式Facebook

*阿蘇神社は母方(阿蘇)の生家です。
_________________________________
フェイスブックでも投稿しています
https://www.facebook.com/petekobayashi

2019/07/07

宮城県山元町・中浜小と旧・山下駅のいま

宮城県の南部、"いちご"で名高い山元町エリアは、
「いちご農園」でのボランティア活動を機に
中浜小・案山子などの取材撮影で何度か訪ねている。

このたびは、ご縁の出来た地元の方によるご案内で
案山子制作者への取材*のあと(後日*アップ予定)、
磯浜、中浜小、そして山下駅跡地を巡る僥倖を得る。

住民らがこぞって避難した磯浜の小高い公園を後に、
2020年度内に震災遺構として公開される計画の
「中浜小学校」を訪ねると、裏手の荒野にぼつねん
と慰霊の千年塔が聳えて黄色い小旗が翻っている。

そんな中、7年振りとなる常磐線の旧・山下駅跡地は、
すっかり変貌していた。広場に「慰霊碑」が建立、
震災の記録を留める「山元町みんなの写真館」があり、
地域の交流がこの地でこそ続いてほしいと願う。

(新しい山元町役場、TSUNAMIハーレー展示館も
ご案内いただいたが、ここでの投稿は割愛します)




(旧・山下駅ホーム/僅かに駅名板枠が残る)





*ご参考画像
↓旧・山下駅ホームと跨線橋(2012/6撮影)

↓新・山下駅と山元町防災・交流センター(2019/3)

*ご参照:ブログ
(2012/6/29 投稿)
https://petekobayashi.blogspot.com/2012/07/vol11-23.html
http://petekobayashi.blogspot.com/2012/06/vol11-21.html
..................................................................................................

◎山元町観光ガイド

https://www.town.yamamoto.miyagi.jp/site/kankou/

商工観光交流課:TEL 0223-36-9837

__________________________________
フェイスブックでも投稿しています
https://www.facebook.com/petekobayashi